大矢船

[2015年10月に取材したものです]

少年野球チームもあり子どもをのびのびと育てられる

読みは「おおやぶね」。1970年~1974年にかけてイトーピア長野として伊藤忠不動産によって開発された小規模ニュータウン。名称の由来は宅地開発前、この地区が「大屋船」と呼ばれていたことに因る。
40年の歴史をもつ少年軟式野球チーム「大矢船ファイターズ」には、河内長野市内の小学1年生から6年生が所属。地域で活動を盛り上げている。

プロフィール

結婚14年目の頼久さん夫妻は、2015年3月のリフォームを機に、ご主人のご両親と2世帯同居を開始。毎日家族全員で1階の食卓を囲み、充実した同居生活を送っている。

お名前頼久さん
年齢30代
家族構成妻、子ども1人、夫父、夫母

2世帯同居の暮らしはいかがですか?

「骨組み以外、大規模なリフォームをしました。庭にはバリのリゾートのようなソファを設置して団欒スペースを作ったり、孫のためにバッティングネットを作ったり。毎日賑やかでとても楽しいですよ。(お母さま)」「休日には庭で孫と一緒にキャッチボールをしたり、お友達と遊んでいる孫の様子を見られてうれしいです。(お父さま)」

都会では味わえないポイントは?

「余った農地を有効に利用する貸し農園で、自分で野菜作りを楽しんでいる人も多く、毎日通うくらい本格的に取り組んでいる方もいます。ご近所同士で育てた野菜を交換したりと、自然な交流が生まれ、子ども達にも食べ物や自然のありがたみを教えることができます(奥さま)」

大矢船の魅力はどんなところですか?

「自然に囲まれていて住環境がいいところですね。坂道から見下ろす景色は最高です。ちょっと駅から遠いのが難点ですが、毎朝起きると鳥の鳴き声が清々しく聞こえてきて、リゾートで過ごしているかのような気持ち良さがあります。(奥さま)」「生まれ育った環境の素晴らしさから、戻ってくるUターン組も多いですよ。(ご主人)」「道路も他エリアよりも広くとられていて、隣の家との間も広いので車の出し入れがしやすいので助かります。(お母さま)」

おすすめポイント
貸し農園で野菜作り
市が運営する貸し農園で野菜作りをする人も多く、野菜作りを通して、自然や土に親しむことができる。
自然の中でスポーツを
関西最大級の「河内長野ゴルフセンター」や「関西サイクルスポーツセンター」などレジャー施設が充実。
見晴らし抜群の広い道路
バス通りは道の幅がゆったりとられていて登下校も安全。PLの塔が見える景色は眺めもよく爽快。
Information
名称大矢船
所在地河内長野市大矢船
住宅の総戸数 1,700戸
公共交通機関 (鉄道・最寄駅名・距離・時間)
【商業施設集積地まで】
南海高野線 三日市駅 2.4㎞ 徒歩33分
南海高野線 三日市駅 4.2㎞ バス18分
(バス:バス路線名・接続駅名・運行本数/日)
●南海バス32系統・14系統 南海高野線三日市駅
平日:45本、土曜日:39本、日祝日:38本
●南海バス31系統 南海高野線三日市駅
平日:6本、土曜日:8本、日祝日:8本
●南海バス33系統 南海高野線三日市駅
平日:21本、土曜日:14本、日祝日:14本
●南海バス35系統 南海高野線三日市駅
平日:9本、土曜日:8本、日祝日:8本
●南海バス37系統 南海高野線三日市駅
平日:11本、土曜日:0本、日祝日:0本
●南海バス38系統 南海高野線三日市駅
平日:3本、土曜日:0本、日祝日:0本
●南海バス36系統 南海高野線河内長野駅
平日:2本、土曜日:0本、日祝日:0本
主な施設 【小売り・サービス】
寿司、たばこ、新聞ほか
【医療】
青木歯科医院、山片診療所、林田歯科
【子育て支援】
ほのぼのルーム、奈良佐保短期大学付属河内長野幼稚園、河内長野幼稚園
【教育(小中学校)】
ブラジル文学資料館
【福祉】
NPO法人地域支援センターあゆみ、NPO法人あかねケアサポート、デイサービスそよかぜ
【公園】
大矢船公園、第8公園、第9公園、第11公園
※平成26年度 住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業 提案申請書の添付資料に基づき、記載しております。