日東町

[2015年10月に取材したものです]

三日市中心部に位置するコンパクトなニュータウン

河内長野市の中心部に位置する三日市町駅北部に集まる小規模ニュータウンのひとつ。1970年~1973年にかけて、日生住宅三日市団地として日生住宅によって計画されたのち、日生楠台として開発された。
三日市町駅までは徒歩10~15分。路線バスは、河内長野駅と結ぶ路線を利用する。

プロフィール

中学校の美術教師として定年を迎えた後、大阪芸術大学の教授を務める傍ら、河内長野市の文化芸術推進委員を努め、アートと自然をPRする末延さん。奥さまも元教師。現在は娘さん、お孫さん2人と同居中。

お名前末延さん
年齢70代
家族構成妻、娘、孫二人、猫3匹

日東町に住んでどれくらいになりますか

「約40年前、娘が生まれる時に1軒家で育てたいと思い、それまでのアパート暮らしをやめ、日東町へきました。他の住宅街も検討しましたが、駅から歩ける場所、学校や病院が近いということで日東町を選びました。(奥さま)」「高台にあるので、駅までの道は下り坂なので楽ですよ。帰りは少し大変ですが、おかげで小さい頃から足腰が鍛えられ、丈夫で健康な体に育ちました。今は自然を愛好し、山登りが趣味です!(娘さん)」

日東町の魅力はどんなところですか

「建築協定で3階建て以上や集合住宅は建てられないので、街の美観が保たれています。隣の家との距離も離れていて静かです。道幅や歩道が広く、碁盤の目状の通りがわかりやすく、安全でやさしい街並みが気に入っています。(ご主人)」「周りには高い建物がなく、空気がきれいで、どこからも見晴らしがいいところですね。丘から烏帽子方面に夕日が沈む様子はとても美しく、何度見ても見惚れてしまいます。(娘さん)」

将来どんな街にしていきたいですか

「居住者の高齢化が進んでいるので、自然が豊かで静かな環境、交通にも便利という立地を、若い世代に子育てに温かい街としてアピールし、住民を増やしていきたいです。昔は、高野街道沿いに『三日市宿』という宿場があり、高野山へ参拝する人々が休憩や宿泊をして賑わっていたのです。国宝がある観心寺や延命寺といった有名な寺社仏閣も近く、散策の拠点になるので、若い人達にもそのような歴史に魅力を感じてもらえるような街作りをしていきたいですね。(ご主人)」

おすすめポイント
遠方からのファンも
自然の中に佇む一軒家カフェ「ごはんカフェ三郎」が人気。ほっこり栄養満点の家庭料理がいただける。
ハイキングで健康に
奈良県と大阪府千早赤阪村の境目に位置する標高1125mの金剛山は、観光や登山で訪れる人気スポット。
四季を彩る花の寺
弘法大師空海ゆかりのお寺「観心寺」は、国家安康と厄除けの祈願寺。自然豊かな境内は広く、桜や紅葉などが楽しめる。
Information
名称日東町
所在地河内長野市日東町
住宅の総戸数 813戸
公共交通機関 (鉄道・最寄駅名・距離・時間)
【河内長野市立東中学校まで】
南海高野線 三日市駅 1.1㎞ 徒歩17分
南海高野線 河内長野駅 1.8㎞ バス28分
(バス:バス路線名・接続駅名・運行本数/日)
●南海バス9系統 南海高野線河内長野駅
平日:9本、土曜日:6本、日祝日:6本
●南海バス10系統 南海高野線河内長野駅
平日:33本、土曜日:23本、日祝日:22本
●南海バス11系統 南海高野線河内長野駅
平日:8本、土曜日:10本、日祝日:10本
主な施設 【教育(小中学校)】
河内長野市立東中学校
※平成26年度 住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業 提案申請書の添付資料に基づき、記載しております。